SQL 基本編

SQLを勉強中なので、学んだ内容を何回かに分けてまとめていきます。

 

第一回 基本編

1、SQLを書くにあたって、自分なりに重要だと思ったこと

2、SQLの流れ(順番)

3、型

 

 

1、SQLを書くにあたって、自分なりに重要だと思ったこと

・読みやすいように改行や、インデントをつける(所属する組織、チームのコーディング規約に従う)

 

・テーブル名に別名をつける

 AS  T1やAS  T2など別名をつければ見た目もスッキリし見やすくなる。また書く手間も省ける

 

・関数を全て覚える必要はない

関数は多く、またRDBMSによって使える、使えないがあり統一されていないので、今やりたい処理は何か整理し、リファレンスなどで都度調べればOK。もちろんよく使う関数は覚えておけば便利。

 

・文が長くなる場合、処理ごとにパーツに切り出して考えると整理しやすい

例えば、サブクエリなど、別途その部分だけSQL文を書き取得したい情報がちゃんと取れるか確認してみるなど。

 

2、SQLの流れ(順番)

処理実行の順番

FROM

JOIN

WHERE

GROUP BY

SUM, AVGなど

HAVING

SELECT

DISTINCT

ORDER BY

LIMIT

 

記述の順番

SERECT

FROM

WHERE

GROU BY

HAVING

ORDER BY

 

3、型

INTEGER  整数

CHAR 固定長文字列(文字数が最大長になるまで空きを半角スペースで埋める)

VARCHAR 可変長文字列